LOG IN

光と闇の重なったその先――。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

ずっと、テーマです。

私の周り、熱い、自分自身も、あったかい、絆と想い、愛と信じることの・・・ほんとうのたいせつが、伝えてくれていること

今こうして書いている。私の右側は、ニール・ドナルド・ウォルシュ『神との対話』――神の言う『全責任を引き受けて』不安も信じることも愛も全部、全覚正悟(ぜんかくしょうご)、強さ。Enlightment.男らしくいられる強い自分。
そして、問題は・・・左側。『全てを捨てて』『すべてを否定して』『人としての責任を負わず』、いや・・・負えず。あんまりにもな目に遭って、遭いつづけて、もうなにもかもどうでもいい!』とでも言わんばかりの、不信。の、信念。弱さ。偽り、欺瞞、自我。気負い。気張り。扱いきれない、手に負えない、なのに力を持つ、見えない暴力。仮面。鬼。おかしな決定。そして、スピリチュアル、精神世界的には、カルマ、エゴ、トラウマ、傷・・・と、呼ばれるもの。執念。インナーセルフ。か。今この時、7年学び続けて、初めて素直に言葉になった。

私がこの6か月向きあいつづけてきたもの

だけど、誰しもが囚われるもの。

しかし、・・・私が全く理解していなかったもの。・・・もともとはなかったような気がするもの。(*;;*)――それでよい、人の子よ、カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァーよ――

やれやれ・・・。

だけど、一生懸命、理解しようとしていること。

スピで言われる「大多数の忙しい人」が、あんまりにも気にしていないおかしなこと

「現実ではないから」ありえないことに(!)片付けられだけど・・・繊細な人、敏感な人、霊的な人、子ども、赤ちゃん、みんなが・・・ほんとうはずっと・・・感じつづけていること。

そして、「ほんとうに現実にも影響を及ぼすこと」

さらに、「忙しい人はみんなおかしなことに自分で観ようとして来なかったこと。

それと向き合わない限りはほんとうは何も進まないこと」。

愛するみんなが、ほんとうはなんとかしたい、なんとかしてあげたい、お互いの、すべての、ほんとうのこと。

ここに、蒼の篝火が、必要なこと。

私が抱き締めている、ほんとうのこと。

どんなによわくたっていい、みじめだっていい、なさけなくたっていい。あまえたっていい、甘えだって言われたっていい。これは、ほんとうに、たいせつ、なんだ・・・! ・・・この“ひとのほんとうのよわさ”に寄り添ってあげられたら・・・その、ほんとうにやさしいこと。

スピリチュアル、精神世界で言われる聖なる存在たちが、ずっと、ずうっと、寄り添い、共に訴え、伝え、守り、育みつづけている、ほんとうの、こと。

始めましょう、地球人。見つめましょう、現代人。我々が、支えます。

共に――一緒に――我々は一つ――。

それが絆であり、想いであり、願いであり、愛です。

おめでとう――ありがとう――。

おめでとう――ありがとう――。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS