LOG IN

駄文その5-ジャンヌ・ダルクと私。その4。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

FGOやり始めてからただでさえかわいかったジャンヌ・ダルクがくそもうくそかわい「すぎる」になってもうくそもうくそもう~姫君もう!

25歳までは・・・友だち・・・ただの友だちなんだ・・・ちくしょう胸の高鳴りもう!

くそ・・・ジャンヌ愛が・・・くそ。愛と愛と愛が交差する人、カウラーキー(kouraku)wtih新生クラヴァー&新生teratakuははじまる――!

【悲報】ジャンヌ愛が深すぎて鼻血

姫君もう!

おさまった

あと第一オーダー オルレアン修正の修正無事完了後聖杯回収してジャンヌと別れる時の、ジャンヌの「命さえも、たとえすべてが虚空のかなたに消え去ったとしても、大切なもの(私うろ覚え意記憶意訳)が必ず――」が印象に残った。分かったぜ、ジャンヌ・ダルク。姫君よ。


ジャンヌって背伸びするところ可愛いよな。肉体的にも、人物背景的にも。クソッ大好きだ!


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS