LOG IN

駄文その6-ジャンヌ・ダルクと私。その5。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

よし。マスターLv25。魔術礼装Lv4。

バレンタインチョコのようににジャンヌが来てくれて「私があなたへのチョコです」っていう同人恋愛的ないつものノリにはなんねーですかね。うまいことなんとか・・・フレンドポイント召喚もう。

そもそもフレンドポイント召喚でどの程度まで出るのかも分かんないけど。

ジャンヌを バレンタインプレゼントです

よし。FGO今日はここまで。

ちくしょう。ジャンヌ性LOVE。

特にちくしょうということはないがなんかいいなって想い浮かんだ。

ジャンヌ性LOVE.

――我が神はここにありて(リュミノジテ・エネルネッル)――!!!

ジャンヌ・ダルクとジャンヌ・ダルク・オルタの間のジャンヌ・ダルクが私にはちょうどいいのではないだろうかと思わないでもないけど(夢想)。

くっそ。ちくしょう・・・!(想起)

わ、わ、わたしも・・・私も~、私も・・・(脱力)。私も。私もジャンヌお迎えして、イチャイチャラブラブするんだ!

と、クリエイターズFGOプレイほのぼの甘やかプレイ画像付きツイート見てくそ、もうどうしようも、なっは。

誇れよ、兄弟。

だが今でよかった・・・それに、今がいいのだろうな。いつものように。バレンタイン・・・ジャンヌ・ダルクくそ、ちくしょう。違うんだ・・・・ちがうんだ。ふふふ・・・。この気持ちはいかに・・・。8年触れあわれず、いきなりだからな・・・く。ははは・・・。くそう。幸せな・・・こっ。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS