LOG IN

子供の痛み。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

優しくて精神的で大らかで和やかな人の子を、繊細さと過敏さ、霊感を無視したまま自分たちは正しいと、それも無理はなく、そうするしかなく、信じ込んで突進してしまった・・・これが、復讐のカルマトラウマ、エゴ自我、傷か。有難うアリエル。アズラエル。すまない。これを、この手の類をもう語れれば

引いた『大天使オラクルカード』は『Counselor カウンセラー』、『Spread Your Wings! 翼を広げよう!』どうか、頼む!

それに本気でずっと、命賭けて苦しんでるのは子供本人で、周りは気にするな、もう知らん、勝手にしろの1点張り。違うだろ、そうじゃねぇだろ!

そうして現実的に教え込み、当人たちにその意思はなくても子供からすれば絶対かつ無意識の刷り込み、潜在的な植え込み、そうして出来上がる歪んだ思い。くそ。そうか・・・。

いうなれば『とある魔術の禁書目録』シリーズの一方通行と打ち止めのような関係が、一個人の中で・・・うわぁ。私はずっとそれに悩んで・・・うわー・・・。そうか・・・。

どこにも誰にも理解などできるはずもない。科学ではない。心だよ。それは霊性。感受性。それが男性原理のこの何千年の社会の中で、誰もがずっとガチで殺され続けた・・・これが。そうか・・・。無念。うわぁ・・・。

それをスピリチュアル愛な愛と光の聖なるみんな、精神世界の者たちが見つめつづけて、『あなたがたはほんとうはこれにこう悩んでるんですよ』って教えてくれて、でも指摘された霊的な人たちもまだ未熟な成長途上の人間だから深層の痛みに実際に理解も気づきも中々し難くて困っている何か。痛み。か。

これが身を灼く者の原因・・・。であり、理性に反対する暴力の・・・もとか。実際に体験した。そして、実際今も現在も・・・ずっとつづく、狂乱の沙汰の、原因。

正しく使えば力! 間違って使えば暴力!

そんなもんを内に抱えて・・・メンタルの素直なやつは・・・みんな・・・くそ。

これがこれからの時代、この暴力を新たに理解された女性たちの原理の女性性の愛の再生の時代で癒やされよう、と・・・ガイア! すまねぇな・・・なかなか気づくことが難しい上に実際死にかけるこれ・・・やばい。

これが人の子の危険さ・・・。そうか・・・。憎しみ。怨。そうだな。

うわー・・・。ひどい。

誰も悪くないし無理もないのにどうしようもないってのが・・・ガチな厄介。文字通り厄介・・・。教えがねぇわ。

引いた『大天使オラクルカード』は『Nurture 優しく育む 大天使ガブリエル 子供を優しく慈しめば、あなたのインナーチャイルド(心の中に住んでいる子ども心)も育むことができます。今のあなたには両方大切です。』ありがとう、ガブリエル。クソ女。

やさしさとちからとあいとじぶんとまわりのたいせつなバランス!

ここにいるのは、“慈しみ”。そうだな。聖なるクソども。そうだな。そして・・・現代までの世で・・・人の間であんまりにも至ってねー・・・かなしみ、くるしみ、苦悩。精神の殺。

善なものが殺され、自分たちが正しいからと悪にされ、邪険にされ・・・そして消し去られた願いの・・・フラストレーション。絶望。そうしてはびこる病。か。そいつを・・・聖なる者ども、どう消し去る?

それが同じ人の子同士、神の子同士で行われてる、そうだな。私なりに言えば、“指摘なき暴力”、か・・・。

おかしい。

『「“奪い合いと殺し合いを、分かち合いと愛し合いの許しの智恵に転化する――。”」』か。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS