LOG IN

『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-その18。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

※このシリーズでは、『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-ドリーン・バーチュー 宇佐 和通[訳]の内容を、ゆっくりと分かち合って行こうというものです。公式さまから許可を得たわけではありませんが、いつものように私の想いつき買いたいけど買えない方、また知るきっかけのなかった方に触れあって頂ければと想い、始めました。もしよろしくなければお伝えください。


聖母マリアは、地球と、そこに生きるすべてのものを見守っています。個人に救いの手を差し伸べるために、夢に訪れてくれるだけでなく、世界情勢にかかわる予言的な夢も与えてくれます。


涙を流すマリア――クリスティーナの体験

2011年3月11日、壊滅的な地震と津波が日本を襲いました。

その前の夜、クリスティーナ・ウェッドブルックは夢を見ました。夢の中、クリスティーナは夫と娘と一緒に車で走っていました。道の両脇にたくさんの墓石が見えます。クリスティーナは、墓地らしいその場所で停まるべきだと言いました。車を降りた彼女はそのまま歩き、墓地の区画を進んでふと顔をあげると、ふわふわした白い雲に満たされた青空が広がっていました。そのうち、ひとかたまりの雲が聖母マリアの顔に変わり、クリスティーナのところまで降りてきました。クリスティーナは思わず手を伸ばし、聖母マリアの手を取りました。地上に降り立った聖母マリアは、手が付けられないほど泣きじゃくっていたそうです。

クリスティーナは、予知夢を何度も体験していました。翌朝、日本で起きた地震のことを知り、夢の中でマリアが悲しげな姿を現した理由がわかりました。聖母マリアは、大きな痛みを感じているすべての人々、苦しんでいるすべての人々のために涙を流していたのです。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS