LOG IN

『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-その31。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

※このシリーズでは、『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-ドリーン・バーチュー 宇佐 和通[訳]の内容を、ゆっくりと分かち合って行こうというものです。公式さまから許可を得たわけではありませんが、いつものように私の想いつき買いたいけど買えない方、また知るきっかけのなかった方に触れあって頂ければと想い、始めました。もしよろしくなければお伝えください。


空港で出会った“マリア”――ロイスの体験

パトリシア・ロイス・ランスは、病魔に侵され、余命いくばくもない母を9か月半に渡って介護していました。この間、ロイスと母は全部で5人のスピりチュアリストやヒーラー、そして霊能者に出会いました。ロイスの母は、彼女たちを“地上の天使”と呼んでいました。

母が亡くなって1週間後、このうち4人が集まり、ロイスを車で空港まで送ってくれました。ロイスに向かって、このうちのふたりが言いました。「聖母マリアが、今日もあなたと一緒にいるわ。とても強い存在感が伝わってくるの。あなたを光と愛で包んでいるわ」ロイスはその日、ワシントン州ベリンガムからシアトル経由でペンシルバニア州ハリスバーグまで飛ぶ予定でした。

旅のさなか、ロイスは両目を閉じ、神に対して心から感謝を捧げました。母の世話は、彼女にとって素晴らしい体験になりました。母も自分なりに死に対する準備をしっかりと整え、言葉以外の方法で意思を伝えることもできていました。母を思いだしていたロイスは突然、全身が愛で包まれるのを感じました。何かとても大きくてあたたかいものに抱きしめられているような感覚です。ロイスの内面は、それまでの人生で体験したことがないほどの安らぎと静けさに満たされていました。

シアトル空港に到着し、ロイスは席から立ち上がって出口に向かいましょう。ふと前を見ると、体が不自由な年老いた女性が通路を一生懸命進もうとしています。ところが、機内に持ち込んだ手荷物が邪魔になって歩けません。そのときロイスは思い出しました。ベリンガムで飛行機に乗ったとき、キャビンアテンダントがこの女性に「お客様、さあ、お急ぎください!」と強い口調で言っています。

助けようともしないで、あんな言い方をするとは・・・・。ロイスはこのキャビンアテンダントを腹立たしく思っていました。年老いた女性の肩を指で叩き、「手荷物をお持ちしましょうか?」と尋ねると、彼女は振り返り、「あら、ありがとう。天使みたいな方ね」とうれしそうに言いました。

ふたりはタラップをゆっくり降り、ターミナルに向かって歩いて行きました。そして彼女は、ロイスに向かってこう言いました。

「助けてくださって、本当にありがとう。私はリウマチ性関節炎にかかっていて腰が痛いから、ゆっくりしか歩けないの。それに・・・。ちょっと見て、手もうまく使えないの・・・・。ああ、あなた、お名前はなんとおっしゃるの?」

名前を伝えると、彼女はこう言いました。

「私、ここで乗り継ぎなの」

これを聞いたロイスはこう答えました。

「私はハリスバーグまで行くんですが、あと1時間あります。ゲートまで荷物を運ばせてください」

年老いた女性はロイスの腕をつかむようにして、何回も感謝の言葉を口にしました。そしてゲートに着く寸前、ロイスは尋ねました。

「ところで、お名前はなんとおっしゃるんですか?」

彼女は「私はメアリー(マリア)です」と答えました。

「なんて美しいお名前なんでしょう」

と、ロイスは言いました。

「お会いできてほんとうによかったです」

ゲートに着くと、チャックインカウンターに短い列ができていました。ロイスはメアリーに対し、順番を待つ間一緒にいましょうか、と尋ねました。

「いいえ。もういいのよ」

と、メアリーは答えてくれました。

「助けてくださって、本当にありがとう。あなた、本当に天使みたいね」

そしてメアリーはロイスの腕を強くつかんで少しかがませ、頬にキスをしました。良い旅を、とメアリーに告げたロイスは、自分の飛行機のゲートに向かいました。ロイスは歩きながら、あることに気づきました。カスタマーサービスの人に頼めば、ほかの人たちよりも早く乗ることができるかもしれない。ぜひそうしようと思ったロイスは、今しがたまでいたゲートに戻ろうと思って振り返りました。カウンターに列はありません。メアリーの姿を目で追いましたが、どこにもいません。メアリーの前に並んでいた男性を見つけたので、見かけなかったか尋ねてみることにしました。

ところが彼は、不思議そうな表情を浮かべながら、こう答えました。

「私の後ろには誰も並んでいませんでしたよ。私が最後の一人です」

ロイスは自分でメアリーを探すことにしました。トイレや待合室、そしてゲートを隅から隅まで探しましたが、メアリーはいません。

そしてロイスは一人で微笑みました。神は不思議な形で働きかけてきてくれます。聖母マリアは、メアリーという姿を現れ、あの日ロイスと一緒にいてくれたにちがいありません。そしてあの日以来、聖母マリアの存在を感じない日は一日もないのです。

ロイスが聖母マリアと一緒にいたことはまちがいないでしょう。そして今も一緒にいます。聖母マリアは、救いを求めるすべての人と一緒にいてくれます。究極のヒーラーとして、同時に多くの人々を救うことができます。聖母マリアに助けてほしいときには、どのような方法で訴えてもかまいません。助けてほしいといいう意思を明確に示せばそれでよいのです。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS