LOG IN

『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-その40。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

※このシリーズでは、『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-ドリーン・バーチュー 宇佐 和通[訳]の内容を、ゆっくりと分かち合って行こうというものです。公式さまから許可を得たわけではありませんが、いつものように私の想いつき買いたいけど買えない方、また知るきっかけのなかった方に触れあって頂ければと想い、始めました。もしよろしくなければお伝えください。


天国とつながっている息子――ダニエルの体験

ダニエルは、子どもに宗教的思想や信仰をおしつけるタイプではありません。子どもが、自分の意思で信じるものを選んでほしいと思っていたのです。人間の精神性を一番大切にしていましたが、ダニエルは息子のブロックに自分の信念について話したことはありませんでした。ブロックが4歳になったとき、ダニエルは夫と離婚しました。人生で最もつらい時期にあったある朝、どうしても車の鍵が見つかりませんでした。あちこちかき回しても見つからず、イライラしながら、大きな声でののしり言葉を口にしてしまいました。

すると息子が来て、「ママ?」と話しかけました。

「ブロッキー、なあに?」

と答えると、息子は「天国が助けてくれるって言って」と頼むのです。ダニエルは意味がわからず、もう一度言ってみて、と答えました。するとブロックは「ママ、天国が助けてくれるって言ってよ」と言いました。そこでダニエルは「わかったわ。天国は私を助けてくれる」と言いました。ダニエルが思ってもみなかった場所で車の鍵を見つけたのは、そのすぐ後でした。まるで、鍵がある場所に導かれたようでした。どこでそんな言葉を覚えたの、と尋ねると、ブロックはこう答えました。

「マリアさまだよ、ママ」

「マリアさまって、誰なの?」

と、ダニエルが再び尋ねます。ブロックは、「天使たちと天国にいるマリアさまだよ、ママ」と答えました。ダニエルは、毛が逆立つような感覚にとらわれました。そしてブロックに、ありがとうとマリアさまに伝えてくれるよう頼みました。ダニエルの耳に、歩きながら「マリアさま、ママが“ありがとう”って言ってるよ」と語りかけるブロックの声が届きました。

その日の夜、ダニエルはマリアさまの外見についてブロックに尋ねました。するとブロックは、こう答えました。

「とってもきれいだよ。青いドレスを着たお姫さまみたい」

ダニエルが「どうして知ってるの?」と尋ねると、ブロックは「僕は生まれる前から知ってるよ」と答えるのです。ダニエルの目に涙が溢れました。そして幼いブロックに対し、自分を母親に選んでくれたことを心から感謝しました。

この体験の感覚は、長い間ダニエルの心に留まりました。ダニエルはある日、ブロックを試してみることにしました。インターネットで聖母マリアの絵を見つけ、ブロックに見せながら、「ブロック、この人が誰かわかる?」と尋ねたのです。

ブロックは目を輝かせ、微笑みながら、すぐに答えました。

「マリアさまだよ、ママ。僕は知ってるんだ」

ダニエルがイエスの絵を見せながら、「誰かわかる?」と尋ねると、ブロックはこう答えました。

「この人は、天国の王さまだよ」

ブロックが誰かに教えられたり、自分で調べたりして聖母マリアとイエス・キリストについて知ることができたわけがありません。まさに奇蹟としか言えないでしょう。

子どもは、自然な形でスピリチュアリティーを宿しています。だからこそイエスや聖母マリア、そして天使の姿を見ることができるのです。親がダニエルのような人なら、こうした能力を心から褒めるでしょう。褒められた子どもは、天国とつながったままでいようという気持ちを強めるのです。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS