LOG IN

『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-その50。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

※このシリーズでは、『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-ドリーン・バーチュー 宇佐 和通[訳]の内容を、ゆっくりと分かち合って行こうというものです。公式さまから許可を得たわけではありませんが、いつものように私の想いつき買いたいけど買えない方、また知るきっかけのなかった方に触れあって頂ければと想い、始めました。もしよろしくなければお伝えください。


シングルマザーを見守る聖母マリア――カレンの体験

シングルマザーとして懸命に生きてきたカレン・クロジアーは、聖母マリアに子育てを手伝ってくれるよう頼みました。カレンの選択は賢明でした。

2年前、カレンは神と聖母マリア、そして天使たちに願いごとをしました。メイン州(アメリカの最北東部の州)のある場所に行けるよう頼んでいたのです。この場所は、カレン母子にとって特別な場所でした。毎年のように行っていたので、息子たちは砂浜で遊ぶのを楽しみにしていました。

息子たちが大きくなるにつれ、カレンが助けを求めたくなる状況が増えていきました。自動車免許を取り、親離れし始めた息子たちのシングルマザーとしては、心配が絶えません。そしてカレンは、ふたりの息子、特に上のザックを見守ってくれるよう祈ることにしました。

天使たちは、カレンの祈りを聞き入れてくれました。彼女とふたりの息子たちは、メイン州に行くことができたのです。夏の楽しい思い出をたくさんくれた砂浜に座り、カレンは神と聖母マリア、そして天使たちに対して感謝の言葉を静かに述べていました。

「私たちをここに連れてきてくれてありがとう・・・・」

近くにいるザックを振り返ると、言葉で表せられないほど青く美しい光が頭全体を覆っていました。首の片側から始まり、顔を通って、首のもう片方まで続いています。

カレンは、聖母マリアが近くにいることを感じ、ザックを見守ってくれていることを知らされているのだと感じました。カレンは圧倒的な安心感に包まれ、奇蹟が起こったことを実感したのです。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS