LOG IN

『大天使からのメッセージ 天界のメッセンジャー・ガブリエルとの出会い』-その8。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

※このシリーズでは、大天使からのメッセージ 天界のメッセンジャー・ガブリエルとの出会い』-ドリーン・バーチュー 宇佐 和通[訳]の内容を、ゆっくりと分かち合って行こうというものです。公式さまから許可を得たわけではありませんが、時間が余ったので買いたいけど買えない方、また知るきっかけのなかった方に触れあって頂ければと想い、始めました。もしよろしくなければお伝えください。


◎天使たちは入院中も見守ってくれた――カミールの体験

ビジョンと夢がひとつになって、目が覚めているときも眠っているときも、大天使ガブリエルの訪れを体験する場合があります。こうした形なら、生まれてくる子どもに関するメッセージが天国から発せられていることを確信できるでしょう。

カミール・モヒカ・レイという名のエンジェルセラピストがいます。彼女にとって、ガブリエルの訪れは驚き以外の何ものでもありませんでした。すでに子どもがふたりいたので、夫も3人目は望んでいませんでした。さらに、当時の彼女は二度の流産を経験していました。それでもカミールは、もうひとり産むよう促されているような気がしていたそうです。促しているのは聖なる存在のように感じられましたが、年齢を考えると、再び妊娠するのは難しいと思わざるをえませんでした。

ある日、カミールは大天使ガブリエルのビジョンを体験しました。このときは、大きな体をした女性天使の姿で現れたそうです。次に、自分の母親が男の子の赤ちゃんを抱いている夢を見ました。その赤ちゃんが自分の子どもであることはすぐにわかったそうです。

『ルカによる福音書』に出てくる物語を調べ、ガブリエルから受胎を知らされたときのエリザベトがかなり高齢だったことを知りました。専門家の多くは、エリザベトがすでに閉経していて、洗礼者ヨハネを産むのは不可能だったという見方をしています。

カミールはこの逸話に触発されました。ほどなくして妊娠している事実が明らかになりましたが、出産までまったく問題なく過ごすことができたそうです。最近、カミールが次のような手紙を送ってくれました。

2012年9月26日の午後12時19分、カリフォルニア州サンノゼにて、ローラ・クリスティーナ・レイが無事に生まれたことをお知らせできるのは、とても幸せです。

帝王切開手術はとてもスムーズでした。ローラはとても元気で、手術中も私のお腹を蹴り続けていました。とても美しい女の子で、お見舞いに来てくれた人たちの心をぐっとつかんだようです。ほほ笑んだり、人の動きを目で追ったりする姿には、医師たちも驚いています。「生まれて3日目でこんなことをする赤ちゃんは珍しいですよ」と言う医師もいました。

天使たちは、入院中も見守ってくれました。母子室に入ったとき、窓の外に病院付属の教会が見えました。私が使っていたベッドからは、先のとがった美しいアメリカスギの林が見えました。土曜の夜には、林の上の空に満月が浮かんでいました。

ローラという名前は、亡くなった私の母からもらいました。夢の中で母が抱いていた赤ちゃんそっくりです。ガブリエルの訪れを最初に受けた日を調べてみたら、2011年10月15日でした。この日から1年経たないうちに赤ちゃんを産み、人生の目的を達成するため、スピリチュアル・ティーチャーとして仕事ができることになりました。私の心の中には、大天使ガブリエルが起こしてくれる奇蹟の知らせを宿す場所があります。

聖書に記された受胎告知から2000年経った今も、大天使ガブリエルは世界中の女性に善き知らせを伝え続けています。妊娠直後だけではなく、将来の妊娠についても語ってくれます。いずれにせよ、ガブリエルのメッセージは母や父となる人ばかりではなく、すべての親族に大きな喜びをもたらしてくれます。

* * *

大天使ガブリエルにまつわる数多くの体験談が寄せられますが、中でも際立っているのは、瞑想中に将来の妊娠についてメッセージを受けたという話です。瞑想は心を落ち着かせ、神の御心とメッセージに意識を集中させるために行うものなので、天使の訪れが頻繁に起こるのでしょう。物質世界の騒がしさ、そして、ときとして生まれる自分の中の騒音を無視することを学ぶにつれ、人生のさまざまな場面でもたらされる聖なる声がよりよく聞こえるようになるのです。

本物の聖なる声と、エゴあるいは低いエネルギーがあげる声を聞き分けるのは難しいと思う人もいるでしょう。大切なのは練習です。そして、神や天使からのメッセージを明らかな形で受け容れることが最も大切だと思います。聖なる存在からのメッセージを受け容れられる状態にあれば、聖母マリアやイエス・キリストをはじめとするさまざまな神格が語りかけてきてくれるでしょう。

瞑想の講座やワークショップに参加するのもよいでしょう。ジュリー・ラブロックという女性も、瞑想を始めたことで、大天使ガブリエルからのメッセージを明確に感じ取れるようになったそうです。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS