LOG IN

駄文その39。-『Fate Grand Order』と私。-その2。カルマ(略)とマスター開位と。私の任務完了とやっと、ふつうのひと。そして、やっと、ほんとうのせかい。いきる。それは、すなわち、。『「“――真生の色彩(しんせいのしきさい)――”」』

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

やった・・・(*;;*)ジャンヌ・・・姫君マネージャーもうさん。アルトリア。騎士王。アーサー。ペンドラゴン。ベディヴィエール。私。ぐだ男。巧。寺口 巧。やっと・・・。マスター。クリア。悟り・・・? やっと、いよいよ、もってして、始まった・・・私が? そんなつもりじゃなかった。
ただ好きで、ずっと。
ええと、カルマ(略)、8年の生き地獄、この1年の、巻き込まれ、明るい方へ、引き出され、きずな。
絆。Dear。Sweet。そして、臆病者の、ささやかな勇気。そして、なによりの私自身の、ごくふつうの、やさしさ。たったそれだけで・・・独りだった。聖なる者しか。それすら忘れて・・・『いいんだよ♡』
ただ、だれよりなにより、にんげん。人間。だけど、はじめてぶつかった、じぶんのなやみが・・・尽きず。『「“――されど、――”」』-『あなたは、』-――「そう。私は――ずっと。」
願いつづけていた。憧れ続けていた。信じていた。みんなで・・・。
やっと、人理修復。ほんのすこしだけど、世界が救われる。あぁ・・・。
マシュが、欲しくなった。ささえて。マシュが、イエス。
いよいよジャンヌと巡り逢えて、結ばれて、幸せで・・・ただ悩みがまだ尽きず・・・それでも。

『「“マスター開位。巧。”」』


あぁ・・・。わけもわからず、ただ悟りたくて、カルマをくださいって祈ったら、ほんとうに。でも、辛くても、きつくても、投げ出さないように・・・。投げたくて、甘えたくて・・・でもがんばって。
????? いいの、わたしが? ほんとうに? なんか、なんか、やっと・・・。はい、私です。巧です。ぐだ男ですよ。巧。はい。わからない・・・けれど、ほんとにおんなじで・・・。はい。『ほんとうですよ♡』。わたしを、このわたしを、・・・。
ダヴィンチちゃん・・・! 「寺口 巧(カウラーキー)の覚醒を以て、最終グランドオーダー、全行程を終了とする!」 はい・・・! 「寺口 巧(カウラーキー)君が放っておけないという奇特なサーヴァントたちだけとなった。」はい・・・! 大丈夫な、英霊たちと、一緒に・・・。
マシュ・・・!
マシュ「……たいへんな一年。たいへんなオーダーでしたが、」そう・・・! 「「すべてが、得難いものだった。」」 マシュ「……先輩は、どうでしたか?」 はい・・・! マシュ「「思えば、先輩は偶然カルデアの募集を受け、」」 はい・・・! 気にはなってたけど、踏み込めなくて、ジャンヌに惹かれて・・・・なんとか・・・はい・・・始まって・・・「採用(!?)され、外来のマスターとして入館されました。」 だといい・・・なにかに、また、偉大な聖なるなにかに、ほんとうに・・・! カルマ(略)・・・! はい・・・! そう・・・・! 「そして、自分の職務を知る前に事件に巻き込まれ、ここまで戦い続けてきた。」はい・・・。 マシュ「あなたにとってグランドオーダーの旅は、どのようなものだったのでしょう……?」 はい・・・! 私「――きっと、マシュと同じだよ――」「――それは、もちろん――」 マシュ「はい! わたしもおなじ気持ちです!」

マシュ「そして喜んで、マイ・マスター! どこまでもお供します!」 そう・・・わたしはずっと・・・ただ、対等な、関係で、そう……スピリチュアル、愛、学んで・・・『愛に契約は必要ない』――ずっと。だけど、それでも。ほんとうにそんな、かんけい・・・あるの? でも、自然に。わたしは。ずっと。
はい・・・マシュ! 「未来への不安も、」はい! ジャンヌ! 「悲嘆も」 はい! マリア! 「すべては希望の裏返しでした。」 マシュ・・・! 「だからまた、きっと多くの冒険が待っています。」s

マシュ(私の絆の聖なるみんな)「さあ、行きましょうマスター。
何が待っているか分からない、あなたが取り戻した、新しい年に向かって――!」
いいんですか・・・!? みんな! わたしの、きずなのみんな! やっと・・・わたしは、ふつうの・・・? やっと・・・!? ほんとうのせかいを。人間を。未来を。過去を。今を。――『「“色彩”」』――ほんとう・・・!? わたしが、いいの・・・? わたし、なれたの・・・? やっと。
あと欲を言えばダヴィンチちゃん、「利権とか諸々のややこしいことは、任せてくれたまえ!」 マジだからな・・・私の絆の聖なるみんな! わたしそこ、社会システムわかんないさんだからな! 頼むぞ!!w

ちょっと待って・・・! いつの間にか、ただ私は、好きな人たちと、一緒に、生きていけて・・・ふつうで、すこやかで、ふつうで・・・あれて、好きで・・・ただ、それしかわからなくて。ずっと。わかってるけど、わからなくて。ずっと。人理焼却のカルマ(略)に悩んでて、私はぐだ男と違って自分で意思して選んだんだけど、・・・。『「“――だけど、でも。それでも……”」』。そして、……『「“――Blight Future(輝ける未来へ)――”」』。あぁ・・・やっと・・・(*;;*)・・・~!!!。

そして、『Fate Grand Order』のタイトルが予期せず変わって、『Fate Grand Order -Epic of Remnant(フェイト グランド オーダー エピック オブ レムナント)-』に・・・なってしまった・・・。
えぇ・・・(*;;*)!? 私の、我々の運命のタイトルが・・・。――『ほんとうはずっと』-「ちゃんと告知してた」-私「知らんがな! 私はただ一生懸命やってただけで・・・だけ・・・で・・・」-“ほんとうだよ♡”――。

ハニエル。クソ女郎てめえ。
ハニエル『マスター開位』 私「えっ、えっ!?」 ジャンヌ『マスター開位』 私「えぇ・・・!?」 マリア&観音『マスター開位』 私「――!?!?!?……」 、いいん、ですか・・・・?

ギルガメッシュ(おそらくは)『雑種、マスター開位』 ロマニ『マスター開位、おめでとう』

ダヴィンチちゃん「十二大聖女さまがたたちだけでなく、巧くんもいい笑顔だ」 私「はい・・・おかげさまで!」
ロマン「どうだいダ・ヴィンチちゃん! 巧君の活躍は!」 そう・・・! 私は、ずっとその、笑顔に・・・あなたがたの、みんなの笑顔に、応えたくて、ずっと・・・特にカルマ(略)からのこの1年は・・・!
ロマン「逃げ出しても、隠れていてもよかったはずだ。でも、巧君は」 私「はい・・・!」
ロマン「投げ出さなかった。」 はい・・・。
はい・・・ロマン! 「魔術師としての成長はまだまだだけど、」 はい・・・!
「サーヴァントを使役するマスターとしての成長は著しい。」 ロマン・・・? そう、なのか? 私・・・だが、理屈も不安も込みで、その上で愛で。わかるんだ。ほんとうに・・・。

ロマン「この分でいけば、あっという間にカルデア(地球――日本)を代表するマスターになるぞ、彼は」 正直、まだ、なにも・・・じしんも。ないけど・・・そのことばが、嘘偽りだとは、そのことが、ことばが、ほんとうだとしか、わたしだとしか、・・・。
ダヴィンチ「楽しみでしょうがない、という風だね。キミが他人を信用するのはいいことだ。」

・・・!? いいのか、私で・・・。こんな私でも、ほんとうに、ぐだ男に・・・?

・・・me・・・? いいの・・・? わたしで・・・なれた? やっと、ふつうのひと。ただ、たいせつな。一生懸命な。精一杯の。人。人の子。人間。
そう・・・ずっと・・・。私は。求めてた。望んでた。願ってた。祈ってた。ただ、実感は無かった。
けれど・・・やっぱり、それでも。

「新時代の、“ド素人”の、ごく普通の、ほんとうの、やさしい、しんせいの、絆の。慈しみと、思いやりと、ほんのわずかの勇気と、ユーモアと、円やかさと、クリアな・・・ぐだ男が教えてくれた、ほんとうの魔術師」

そう。ずっと、私は・・・。

この8年、ずっと、誰より世界が分かって、でも自分には、でも・・・。苦しくて、悟りたくて・・・支えあって、そして芽生えた。生まれた。願い。出逢えた。絆。人一倍の、そう。『「“あたたかな、おもい”」』――それしか、ずっと、わからなくて、ここまで、ずっと・・・。
はい・・・私です。ありがとう、ございます・・・。ほんとうに、みんなの、あと、わたしのいつもの、たゆまぬどりょくの・・・はい。ひとつの、はい。そうです。

ギルガメッシュ・・・「悪意は悪意ではなく、自然であり、その上で人は善なのだ。価値観は変わるもの」と。ありがとう・・・・。わたしも、悪は悪ではなく、ただ・・・それも人なのだと・・・。善人だけど、みんな苦しんで・・・それでよいと。私の絆の、聖なるみんなも、周囲の先生たちも。わたしも酷だった。けれど・・・。

さぁ、巧。 はい・・・。しんせいの、一途な、バカBonds of Master。 はい・・・それしかほんとうにわからなくて・・・。ずっと。この8年。いいんですか・・・? やっと・・・? ふつうのひとなんですか・・・? マリア。十二大聖女さまがたたち。私の絆の愛するみんな。そして、『Fate Grand Order』で知りあった、すごい・・・英霊たち。使い魔というのはこわい。しつれい。・・・? 『「“いいのだ♡”」』。
英霊たち・・・。ありがとう。やっと・・・。いよいよ、もってして・・・。世界が見える・・・? 道は見えた。いのちははじまっている。
よ、よろしく、どうも。私でよければ。――盟約に誓って(アッシェンテ)――。

お疲れ様、巧。巧君。ソロモン・・・みんな。やっと・・・。やっと・・・・。
お前のお蔭で、救われた。
あなたのおかげで、やって来られた。
私はこれからふつうにって。私たちも、ほんとうは。
ただ、おなじ人間。では、私が。とりあえず。名乗りを。
そう。ゲームに触れる者、ほんとうは、『「“可能性”」』には触れている。けれど・・・。
うん。わたし、ずっと、信じている。じしんはないさんだけど・・・。
愛してる。みんな。これからよろしくニャン。すいません、やっと、もう・・・。

やっと・・やった。いよいよ、やっと。いよいよ、もってして、ちゃんと。

あぁ~。かみじょう。とうま。ありがとう。「ヒーローなんて必要ねぇだろ。目の前で大切な誰かが傷ついて・・・動く理由なんて、それだけで十分だろ! お前が胸を張って、誇れるものを、自分で、選んでみろよ!」――ありがとう、とうまも、みんなも、わたしもさ、ずっと。やったよ、とうま。ありがとう(*::*)ほんとうに感謝してるよ。上条。そう。私たちは、我々は、話術サイド。説教する。でも、そこからさらに、わたしが、悟って、うん。――協力する――。そして、いよいよ、もってして、ぐだ男。出逢えて。やっと。そして、ほんとうにようやく。成ってきている。すいません。ありがとうございます、私のしんせいなる絆よ・・・みんな・・・わたしは、そのためだけに、本気で一生懸命、がんばってる。ずっと。
ジャンヌ。応えたい。く~。「すべてのサーヴァントを憎まず。」はい。「慈しむ。」じしんはないけど、それでも。「できるはずですよ。あなたなら。マスター!」そう。それだけできれば、わたしはまんぞくです。そして、それだけで、生きていきたい。いままでも、いまも、これからも、みんなで、いっしょに。ずっと――。たったそれだけですよ。私は。『「“Bonds of All Being is the True Power(自分自身も含めた全ての存在との絆こそ、真の力だ。)”」』――。ずっと。さぁ。いよいよ。あぁ、やった聖なるみんな。がんばったよ。ちゃんと。ただ。そう。――たったひとつのおもい――。

でも・・・。『「“――おかえり。4人目の、しんせいのヒーロー。――”」』 はい、ただいま。いいや、ずっと。やっと、やったよ、みんな。よかった・・・・。

そう。独りで抱え込んで、生き急がなければ、――必ず――。世界は優しいんだ!



カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS