LOG IN

日本とは。 -その119。 人の子巧のがんばり。 -その26。 優しき聖母(マリア)の教え。 -その2。

by 寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

「思いやり」「今の世界に一番必要なのは、思いやりです。思いやりとは、他者の意見や感情を理解する気持ちと、愛情がひとつになったものです。今の世の中には、思いやりを求めるがために生まれる反目が多すぎます。他者を自らの意見に同調させようとする気持ちは、他者と自分の違いが目に見える形で確認できて、はっきりと理解できるからこそ生まれるのです。こうした感情は、誰もが抱いているに違いありません。構えを解いて、わたしのもとに来なさい。そして、他のすべての人々と交わるのです。構えを解いて、わたしの抱擁を感じてください。あなたの傷ついた感情を癒してあげましょう。
恐れの感情を抱いている人は、わたしの所に来なさい。すべての緊張と苦しみから解放してあげましょう。そうすれば、他者の見方やものの考え方が見えてくるはずです。あなたが忌み嫌い、そしてときとして恐れる人々もまた、あなたと同じように怯えているにすぎないのです。

「構えを解きなさい。」

「あなた方は、自ら創り出した実体のない危機に恐れを抱いているのです。
真実は、すべての恐れを克服します。真実を恐れてはいけません。
そして永遠に変わらぬ真実は、あなた方すべてが『(私介入:)友』なる神によって愛されているということだけです。あなたに愛を注ぎ、癒しの力で全身を包んであげましょう。「(私介入:)Unlimited Lovely Goddesss(無限の愛らしい女神たち)」を思い(私介入:)「想い」浮かべるだけで、あなたはいつでも、聖(私介入:女)なる愛を全身で受けることができるのです。
自分自身、そして他者に対する思いやりの気持ちを持つことが大切です。

自分自身ではできないと思うなら、わたしが手伝いましょう。わたしは、神と同じく、あなた方すべてを深く愛しているからです。」――『願いを叶える77の扉 ~大天使とマスターを呼ぶ~』-ドリーン・バーチュー著 -聖母マリアのことばより。


寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS