LOG IN

とある宇宙の界理目録。

by 寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

ん~。

【――何の意味もなく、何の意味もある。全てを含み、なおかつ一つである。唯一にして総体、天下であり天然の、愛と不安、光と闇、善と悪、慈しみと憎しみ、間の群像、栄えることと廃れること、円満と蔓延、正義と不正、絶対かつ相対の、極大かつ最小、優と劣、愚かさと聖なるもの、静けさと騒がしさ、オリジナルとカルマパターン。偉大さと矮小さ、自然と不自然。真実と虚無。レプリカとワイルド。変化と融合。進化と深化。乱れることと整うこと、炎と水、呼吸して、振動して、波動が生まれて、調和して、混沌・カオスと、秩序・ロウの、破壊と創造。戦争であり安寧。泥沼から反抗があり花が咲く。
雑であり繊なる。
祝いであり呪いであり恋である。非凡であり平凡。
英なるものと民なるものと王なるもの。
誕生することと治めることと修めることと手放すこと。
その揺らぎと確かなもの。
始まりであり終わり。産まれることと滅ぶこと。
人命であり宿命であり天命であり地命であり運命。
帯たる使命。
選んだ万夫不当、一騎当千の祭命。――】

【――理(ことわり)――】

【――明けであり宵であり暁である――】

【――時代があり、古(いにしえ)があり、学びあいがあり、分かちあいがあり、新しきが放たれる――】


それができるのが、

【――主人公――】

というもの。

【――結ばれた星の愛の絆の大切なかけがえのないありきたりでどこにでもいるような、ちょっとだけ抜けてて、ちょっとだけ勇気がある、とても命を大切にしているマスター――】

【――あなたがたの成長――】

【――創星の刻来たりて、其は宇宙の道理を弁えるもの――】

【――祈りと願いと想い――】

【――ビッグバンから終局へ至る、優しき知恵。
特異点かつ日常である奇跡。
悲劇は喜劇に。喜劇はさらに笑劇に。――】

【――偏在かつ遍在の神たちと共に歩む私たち。の、法と過不足、悟りと力、零と無限、リミットとアンリミットの教えながらつづく連綿たる命の営みめぐるバランスが織り成す、ふつうの国となる平和――】

それがつまり、

【――幸せ――】。

もっと突き詰めれば、

【――きっと、生きるということ――】

【――でも、その色彩は、それぞれ。――

すなわち、

【――守りたいもの――】

そういうことを、

【――この地球と宇宙と世界の
『「“大いなる意思”」』
『「“過去と現在と未来”」』
『「“タイムラインとマトリックス”」』
――】

というのかな。

【――よきなるかな――。】


【――『「“――円-en-縁-Lightment――!!!”」』――】

【――応(オウ)――】


寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS