LOG IN

『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-その62。

by 寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

※このシリーズでは、『マリア あなたを包む愛の奇蹟』-ドリーン・バーチュー 宇佐 和通[訳]の内容を、ゆっくりと分かち合って行こうというものです。公式さまから許可を得たわけではありませんが、いつものように私の想いつき買いたいけど買えない方、また知るきっかけのなかった方に触れあって頂ければと想い、始めました。もしよろしくなければお伝えください。


7章――ロザリオの祈りとアヴェマリア


ロザリオの祈りとアヴェマリアは、聖母マリアへ思いを伝えるための伝統的な媒体と言えます。ただし、媒体はこれだけではありません。普通の大人は、子どもの泣き声を聞けば、何を言っているのかには関係なく反応します。それと同じことなのです。聖母マリアは無条件で駆け付け、救いの手を差し伸べてくれます。ただそばにいるだけで、恐れの感情を癒してくれることもあります。


“息子を失うかもしれない”心配の対処法――キャロラインの体験

キャロライン・コーディングは、素晴らしい体験をしました。ある年の夏、彼女は息子トビアスを失ってしまうのではないかという心配にさいなまれ続けました。トビアスにはこれといった問題はなかったのですが、キャロラインは気になって仕方がありません。

ある日トビアスが父親と一緒にいるとき、キャロラインは聖母マリアに向かって無事を祈りました。すると、トビアスを連れた聖母マリアが現れました。その姿を見たキャロラインは、安らぎと愛、そして守護を強く感じることができました。

安堵の感覚がとても強かったので、深呼吸を繰り返すうち、心配は消えていきました。ビジョンで見た歳暮マリアの美しさ、そして心配が消えて安堵に包まれていく感覚は、忘れることができません。

まったく心配しないという人は、おそらくいないはずです。キャロラインのように心配が絶えず、心まで侵されてしまうこともあるでしょう。祈りを通じ、聖母マリアのとりなしという“治療法”を見つけることができたことは、キャロラインにとって幸いでした。


聖母マリアは、救いを求める人すべてのもとを訪れてくれます。無条件の愛を注ぎながら、すべての祈りに応えてくれます。

アヴェマリアがカトリック伝統の祈りのことばであり、聖母マリアのとりなしを求める文言であることは事実です。しかし、もう一度言っておきましょう。聖母マリアは、ありとあらゆる祈りのことばに耳を傾けてくれます。


寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS