LOG IN

今日の悟り。-その174。

by カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

一番近くの神社一人参ったぜ。行きはなんとか学んで大丈夫だったけど帰りはちょっと無理で家族で一緒に帰って来たぜ。もっと分かりやすくなるはず。

正直な感想を述べると女の子の聖なる者お祀りしてる神社仏閣近場にあるといいんだぜ(泣)。

まぁ神さん方は知ってたけど私だけ、まぁ私もどっか奥底で感じてないでもなかったけど、まさか祀られてるのがアンタだとは想わなかったんだぜ。ははは・・・。笑うに笑えん。神の仕組みっすか。

でもやっぱ本願としては女の子がいい・・・(私の本音)。いずれ。いずれ。

とはいえもう一つ、ようやく・・・やっと・・・ついに、いよいよもってして、「この私が、20年フリーダム信心アンリミテッドノーマル日本人たる私」が、やっとこ、「ごく普通に参った」。

んで、その「この私が普通にアンタとご縁ありてそこから色々あってさらに、参れた」――ゆえの、もう一つ抱いた正直な感想として、「アンタの名の許に、アンタの懐に、あれほど多くの人が知りて知らずて、参っているのか・・・」-「そして私にとっては今はまだアンタにやっと及んだのみ、過去からもさまざまに支えられている、が、そんなことが、この列島、このくにでは、本来、常に、日頃から行われているというのか」。

そこをも、8年ほど前から、私はゆっくりと、教わっている。
いよいよもってして、えー、1年と強前から、カルマ(略)修んで、ようやく至りたかった処にも。まだまだ始まったばっかりだがな。

とはいえ、やはり・・・。

――アンタらは、偉大(でか)い。でかすぎる。永い。長すぎる。――

なのに感覚が掴めちまってな。すまねぇ。とはいえほんと・・・。

「私と言う一人の優しき人の子」と、「無限の聖なる世界」、「とくに日本神界」が「謎の」「互いに支え合う」「和合している」「ワンネス」の「ほんとうの大切な絆」。

私「輪?」

有難う。


カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS