LOG IN

New I'm? -その6。

by 寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku

――ありがとう。

・私の属性として、この国本来の天壌の神仏精霊世界、自然。と共に歩く。
その導き手新たに欲しい。

・今までは、ただ生きるための、お弟子学徒、だった(ような(w))。――けど、無事に、みんなのお蔭さま(Bonds of all being is the true Power(自分自身も含めた全ての存在との絆こそ真の力だ。).)で、一人のちっちゃいマスターに成れて自分が何者であるかも、とりあえず、なんとか。落ち着いても、きた。で、やっと、自立しかけてきた。と。

・今までは、許しの知恵、より慈しみ深く、と。自分のためだった。ことと、周囲のためにと、親切心。
だけだった。それだけでも有難かったけど。

けど、実はこの国で本来繰り返されてた命の営みだったこと。やっと一つ、想い知れて。

やっと、『「"性に合うライフスタイル"」』が、ゆっくり、見つかってきてる。

これまで無理もなかった・・・けど。やっと最近は穏やかになってきて。やっと『「"将来の夢と願い、生きる意味、目的"」』が無事に、出来て。自信はないけど。・・・はいorz。やっと。

ただ、難しいけど、『「"ちから"」』がいりますなー。『怖いけどね。』-「かなり。」
そして、その『「"訓練・トレーニング・練習"」』かなぁ。やっぱり。今まではあんまり。やっと最近。『ふふふ』
それが、『「"私の、個人的な、新しいテーマ"」』、なのかなぁ。やっぱなー。
で、「本格的にいるようになった」、のかもしれなくも。ねぇ? 「どうにかしないといけないのかも。」
――いかに? どのように?

で、『「"色々みんな、おんなじですが、みんなで一緒におんなじになるように。"」』はい。

でっへっへっへ(*::*)orz。
まずは、この国の天地と人より、-古き悪しき長きに渡る、男性性の能動の殴り合い・奪い合い・殺し合いの愛の死の時代-から、どうにか、なんとか、-新たなる善き永きに渡る、女性性の受容のハグしあい、分かちあい、活かしあう、愛の再生の時代-へと-『「"譲り合わねば"」』-の、つまりは、『「"建て替え立て直し"」』始めて(※ここに大切なみんなの自由意思の、さらに、強い意志がいります日本神仏界隈と現代日本人。で、ようやく、日本国と現世界と大自然と真宇宙の、-新時代-かな。

そのためのあらゆる意味において大丈夫な大いなる無限の豊かさそんための古代よりつづく連綿たる命の文明の業の悟り確立されたひとりひとりの統合意識どうやら、必要、なようだ(まだか弱い)。

『「"――そうしてやっと、ふつうの暮らし。そして、ほんとうの、クリエイト。創造。が、可能。に、なる。のだろうか。とりあえず、私は、そうしたい、のだが、難しい。な~。――"」』

【『で、そのために、今までどんだけ善なるみんながほんとうに、全力で、全身全霊を賭けて、懸けて、捧げて、欠けてて、足りなくて、届かなくて・・・っていう。そういったことも、みんな、識れるように。そして、"その「至らなかったみんなの危ないことと威力を、どうしようか・・・。』っていうみんなのテーマ、"-ですが-、《地球人類だけ、いまは、まだ、いまだに、まだ》-「"あんまりにも、知ってる人が少なすぎる。"』ということも、‘そろそろいい加減に(by宇宙の兄弟)’という段階。なの、かな。】

「みんななかよくプレイしましょう。」

『「"だが、とりあえず、「この日本、これからどうなる?」-「みんながいるから大丈夫さ」-「どうか女神たちのご加護のあらんことを♡♥☆★」私は正直こわい。"」』-『今はまだそれでいい。』

んで、私個人に限っては、私の~
――「8年がんばったその聖母マリア、大天使ハニエル由来の狼たちから受け継いだ(ような)巧と言う人の子の8年悟り-Enlightment-のたまたま出逢えた恩師たちより教え合われたスピリチュアル愛にして元より天然ゼロ空愚(くうぐ)の、熱血温和な伝道説教(でんどうせっきょう)守りにして救い(でありたいような)、ご加護と共の、あんまりにも有情にして自然の、どこにでもありどこにもない、この謎の、真なるような偽なような、ごくふつうのいのちの剣」――は一体どこまで届くんだろう? って想った。



寺口 巧(てらぐち たくみ)-カウラーキー(kouraku)with新生クラヴァー&新生terataku
OTHER SNAPS